市内の海水浴場の水質はOK!シーズン前の調査結果!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本格的な真夏日の到来となり、海水浴シーズンも間近になったが、小樽市保健所は、シーズン前の海水浴場の水質調査結果を23日(木)に発表した。
 平成17年度シーズン前の海水浴場水質調査結果は、今年5月9日(月)に調査したもの。調査海水浴場は、蘭島、豊井、東小樽、朝里、銭函、おたるドリームビーチなど13ヵ所。
 調査したふん便性大腸菌群数、油膜の有無、CCD、透明度などで、不適な海水浴場はなく、全く基準以内であった。
 この2、3日の真夏日の到来で、今週末からも気の早い海水浴客が、天候次第で各海水浴場に繰り出すとみられるが、今年も小樽市内の各海水浴場では快適な海水浴が楽しめそうだ。
 なお、シーズン中の検査は、7月20日(水)に予定されている。
kaisui.jpg