近づく冬将軍の足音!道内に初雪、11月下旬並の寒気!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


win1.jpg 寒冷前線の北海道通過で10月25日(火)は、道内北部の稚内から後志の倶知安地区まで、広い地域で初雪を観測した。
 道内は寒冷前線に伴い、冬型の気圧配置となり、25日(火)の小樽市でも寒風が吹きぬけ11月下旬並の強い寒気に見舞われている。
 札幌管区気象台では、今シーズン初となる雪に関する気象情報を24日(月)に発表した。24日10:00に「雪に関する北海道地方気象情報 第1号」、同10:50に「雪に関する石狩・空知・後志地方気象情報 第1号」をそれぞれ発表した。
 24日夜遅くから25日かけ北海道付近は冬型の気圧配置となり、25日には各地で初雪を記録。いよいよ冬将軍の足音が近づき始めた。
win2.jpg 小樽市内でも25日は、寒風が吹き荒れ、気温も急激に低下した。24日12:00に16.6℃だった気温も、25日12:00には7.9℃と、一挙に11月下旬並みの気温まで急降下した。
 小樽の観光名所小樽運河の温度計も7.1℃を表示。運河の浅草橋街園で記念撮影をする台湾からの観光客は手袋、防寒着の冬支度で寒さに耐えていた。
 札幌管区気象台では 「日本海側では、25日午前0:00すぎから夕方にかけて雪が降り、峠や山間部及び日本海側北部の平野部では、今季初めての積雪状態になるでしょう」とし、「雪や路面の凍結による交通障害に注意して下さい」と呼びかけている。