名実ともに消えた丸井今井!看板撤去進む!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月23日(日)19:20に、115年の営業の歴史に終止符を打った、老舗百貨店の丸井今井小樽店。営業終了の翌日からは、打って変った静寂が同ビルの周囲に漂っている。
 10月28日(金)には、バブル期に約130億円をかけて造られた大型ファッションビルの屋上や、壁面に付けられた大看板やシャッターなどに描かれたロゴなどの撤去作業が進んでいた。
 サンモールアーケード内の正面玄関入口の上に大きく「marui imai」と書かれた金色の看板も取り外され、屋上のシンボルマークとともに撤去された。堅く閉ざされたシャッターに、赤と灰色で大きく書かれた丸井今井のロゴもペンキで上塗りされて消え去った。
 文字通り名実ともに丸井今井小樽店の115年の終焉となっている。

 関連記事

撤去前

撤去後