丸井の閉店の影響大きい!セラーズ閉店!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市花銀通りに9月に新しくオープンした「Sellers(セラーズ)」(花園1)が11月19日に閉店した。シャッターは閉じ、赤と青のラインとセラーズの文字がなくなり、「諸事情により、当面休業させていただきます」との挨拶文が貼られている。
 同店は、もともと山部商店(山部芳郎オーナー)として営業していたが、個人営業では時代に対応しきれないと、1978(昭和53)年12月にセブンイレブンに加盟した。しかし、今年の春にセブンイレブンでは、小樽の人口の減少、年寄りの増加で、地域や客のニーズに対応出来なくなり、5月15日に閉店。その後、飲食店が多い花園地区に合わせ、生活必需品を揃え、花銀の客や地域の客のニーズに臨機応変に対応出来るように、オーナー経営のセラーズとして9月27日にオープンした。
 しかし、オープンから2ヶ月を前に、11月19日よりシャッターを閉め、「やっぱりだめだった。オープンした時は、お客さんも来てくれたが、11月から入客が落ちた。こんなに人が減っているとは思わなかった。やっぱり丸井さんの影響なのだろうか。みんなに応援してもらったのに残念だ」とがっくりと肩を落としていた。

 関連記事