大雪一転快晴に!雪が眩しい小樽市街!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大荒れの天候で、市内にドカ雪をもたらした低気圧が去った12月12日(月)は、朝から快晴となった。
 家の屋根屋根や道路などに積もった雪で、銀世界一色に変わった市街では、快晴を演出する冬の太陽を、白銀が眩く照り返した。
 しかし、この天候も次の低気圧の通過と雪雲の流入で「12日夜から13日昼前にかけ北海道を低気圧が通過する見込みです。このため、13日明け方から更に風が強まり、13日昼前にかけて海上では風が非常に強く、海はしけるでしょう。後志北部・西部では、13日明け方から昼前にかけて海岸を中心に風雪が強まり、海はしける見込みです。今後の防災情報に留意して下さい」と札幌管区気象台では「風雪・波浪・なだれ注意報」を出し、「ふぶきや吹き溜まりによる交通障害、突風、海上では高波に注意して下さい」と呼び掛けている。