バスココを使って小樽を巡ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今バスがどこを走っているかが一目でわかるバスロケーションサービス「バスココ」。北海道開発局小樽開発建設部と北海道中央バス(株)では、札幌~岩内間の都市間高速バス「高速いわない号」、小樽市内の観光名所を巡る「小樽散策バス」、バスの運行情報を、インターネットを使ったパソコンと携帯電話に提供するサービス「バスココ」の実験を実施している。
 このうち、「小樽散策バス」を対象に、9月17日から10月31日までにQRコードを利用した小樽散策支援実験を行った。この実験の概要がまとまり、12月15日(木)に調査結果をホームページで発表している。
 小樽散策バスのサイトへのアクセス数は、昨年同月の2倍になったが、そのうち、26%がバス停のQRコードステッカーからのアクセスからだったという結果になった。バス停のQRコードから、バス運行情報や観光施設等の情報が入手出来ることを、アンケートの68%の人が「良い」と回答するなど、QRコードが新しい情報入手の有力なツールになってきていることなどの実験結果が明らかにされた。

 「バスココ」小樽散策支援実験の結果


 バスココHP(パソコン・携帯電話3社共通)


 小樽開発建設部HP