“SLクリスマス in 小樽”出発進行! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 電飾を煌かせたSLが、クリスマスを乗せてやって来た。札幌―小樽間を走るJRの特別列車「SLクリスマス号」が、12月9日(金)から運転を始めた。
 JR北海道が贈るハッピークリスマスと題した年末イベント“SLクリスマス in 小樽”が、9日から出発進行。黒煙を吹き上げ、札幌駅から雪舞う小樽駅にSLが到着した。「SLクリスマス号」の運転は、札幌―小樽間で、12月9日(金)からクリスマスの25日(日)までの祝日前の木・金土日祝日の期間限定。
 SLの運行時刻は、12月9日(金)・16日(金)・22日(木)の平日、札幌発18:24、小樽着19:12。帰りは小樽発21:00、札幌着21:52。
 12月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)・23日(金・祝)・24日(土)・25日(日)の7日間の土日祝日は、札幌発14:46、小樽着15:32。帰りが小樽発19:12、札幌着20:01。
 平日ダイヤは小樽に約2時間の滞在で、会社帰りに職場の仲間や友人と楽しく小樽を満喫するコースや、休日ダイヤは小樽滞在約3時間30分で、家族やカップルでじっくり楽しめる、ロマンティックな夜の小樽散策コースなどのモデルコースを紹介した、小樽散策マップ「ぷらっと小樽」も、ネットやSL車内・駅などで配布。滞在している間に、小樽運河や堺町通りを観光出来る。
 小樽駅4番ホーム特設会場では、華麗なオルゴールの世界を楽しめる、「~天上の音楽~小樽オルゴール堂展」も9日(金)から3月5日(日)まで開催している。全席指定で、値段は920円(片道運賃620円+指定席300円)で、子供は半額。
 客室やカフェカー内をクリスマスツリーで飾り、客室乗務員がサンタになって、カードを配るクリスマス特別列車。札幌―小樽間の景色を眺めながら、小樽で行われているクリスマスのイベントを楽しむことが出来る。
 札幌在住の斉藤拓也さん(30)は、「先月からチケット購入してました。すごく楽しみにしていたんです。子どもがポーポーって鳴るたびに喜んでいたんですよ。今度はぜひ往復してみたいです」と、家族で記念写真を撮っていた。