市内積雪149cmに!歴代4位タイの記録的豪雪! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月に入り、連日、大荒れの天候が続き、断続的に強い降雪に見舞われていた小樽市内。連日の大雪で、2月5日(日)13:00の積雪が、ついに今冬最大の149cmを記録した。
 この149cmの積雪記録は、この50年間の統計で、昨年(2005年)の153cmの3位に次ぐ、歴代4位タイ記録にランクされるものとなっている。1位は、1981年2月23日の157cm。2位は、1982年2月8日の155cm。3位は、2005年3月4日の153cm。4位は、1996年2月5日の149cmと、2006年2月5日の149cmとなった。積雪記録からは、05・06年の連続豪雪は、2年合計で300cmを超えた81・82年の312cm豪雪に次ぐ、25年ぶりの300cm超の302cmの連続豪雪となった。
 小樽など後志地方には、2月に入り、1日・2日に「暴風雪と大雪に関する気象情報」、3日・4日に「大雪と風雪に関する気象情報」、5日に「大雪に関する気象情報」と、「大雪・風雪・波浪・なだれ・着氷」などの各種注意報もそれぞれ次々に発表された。
 今冬最強の寒気と大雪の到来で、市内は真っ白の雪と氷に覆われた。市民も連日の雪との格闘で疲労困憊しており、「もう雪はいらない。何とかならないか」と、嘆き声が各所で上がっている。すべって転び入院している人も増えており、市内の町会の中には、町会長と副会長が足と顔面骨折で入院したりと、思わぬ怪我で仕事にも影響が及んでいる。
 2月上旬の大雪到来だが、これからがドカ雪に見舞われるシーズンだけに、今後の雪の降雪状況に懸念が集まっている。
 札幌管区気象台では、5日05:15「大雪・波浪注意報」は解除したが、「後志地方では、4日からの降雪量が多くなっている所がありますので、引き続き6日にかけて、雪の多い傾斜地ではなだれに注意して下さい」と、「なだれ注意報」継続している。

過去50年間の積雪ランキング

順位

年月日

積雪量 (cm)

1 位

81 年 02 月 23 日

157

2 位

82 年 02 月 08 日

155

3 位

05 年 03 月 04 日

153

4 位

96 年 02 月 05 日

149

4 位

06 年 02 月 05 日

149

6 位

00 年 02 月 25 日

143

7 位

99 年 03 月 04 日

142

8 位

67 年 02 月 03 日

141

9 位

87 年 02 月 28 日

139

9 位

94 年 02 月 13 日

139