全新入学児童にミッフィーの学習帳を寄付!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kifu.jpg 小樽信用金庫(稲穂1・廣川建哉理事長)は、3月24日(金)10:00、学習帳1,100冊(約23万円相当)を小樽市教育委員会(菊譲教育長)に寄付した。
 小樽信用金庫は、1972(昭和47)年から新入学児童へのお祝いと交通安全の願いを込めて寄付を続け、今年で35回目となる。
 寄付された学習帳は、うさぎのキャラクターで知られている「ミッフィーちゃん」の自由帳。「渡らない 横断歩道のないところ 交通安全はたるしんの願いです」と印刷され、青いビニール袋に入っている。
 廣川理事長は、「ささやかな気持ちですがね、地域貢献のひとつとしてやっております。継続は力。これからも寄付を続けていきたい」。菊教育長は、「ご寄贈頂く事も少なくなっている中で、市内の新入学する児童に配られることは本当にうれしい」と、3月末に市内の小学校長を集めて、交通安全の呼びかけとともに、廣川理事長の思いを伝えるという。
 1月27日現在で、2006(平成18)年度の新入学児童数は968名となっている。