小樽市青少年スポーツ賞表彰式!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 平成17年度(20回)小樽市青少年スポーツ賞表彰式が、3月24日(金)13:30生涯学習プラザ「レピオ」で開かれた。
 市教委は、沖津寅太郎・安子夫妻の寄付による事業を効果的に運営するため、1984(昭和59)年に小樽市沖津基金青少年スポーツ振興事業委員会を設立。その目的を達成するため、選手強化事業の助成、ジュニアリーダーの育成、全国大会参加費の助成やスポーツにおいて優れた成績をあげた児童や生徒などに、「小樽市青少年スポーツ賞」などを贈っている。
 今年度は、「小樽市青少年スポーツ賞」に5人と指導者奨励賞に1人が表彰された。
 24日(金)に行われた表彰式では、5人のスポーツ賞受賞者のうち、第6回・第7回北海道ジュニア陸上競技選手権大会の1位を獲得した菁園中学校3年の田渕さくら(15)さん、第6回全国小学生ABCバトミントン大会で2位を獲得した桂岡小学校4年の笠谷修吾(10)くんと、指導者奨励賞の岡崎利美(43)さんが参加した。
 山田勝麿小樽市長は、「受賞された方々は日々の努力の賜物。これからもいっそう練習に励んで、大きな選手になってもらいたい」と祝った。田渕さんは「友だちや家族、みんなの支えがあったからこれまでやってきました。ひとりじゃ出来ませんでした。これからも一生懸命努力していきたい」と、受賞者を代表して喜びを話した。

 関連記事

Mail0181.jpg
Mail0182.jpg