街に笑いと賑わいを!市内商店街の「小樽さくら祭り」!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「街に笑いと賑わいを、そのステージは笑(商)店街」。小樽市内各商店街を中心会場に 「小樽さくら祭り」が、5月19日(金)から21日(日)までの3日間で開催される。
 今年は、新たに「大道芸フェスティバル」や「笑い声コンテスト」など笑いをテーマに、中心市街地の賑わいを呼び込む企画が並ぶ。
 「小樽さくら祭り」は、これまで、花園周辺地域の活性化を目的に 「小樽花園さくら祭り」として開催されてきた。昨年からイベントの拡大を目指し、サンモール一番街商店街、都通り商店街、都通り梁川商店街を中心会場に広げ、「小樽さくら祭り」と改称された。
 長年市民に愛され開催されていた「小樽つつじ祭り」が、小樽市の財政難のため休止となったため、ブラスバンドパレードやミスおたるのお披露目、茶会などのイベントを引き継いだ。今年は、新たに「大道芸フェスティバル」や「笑い声コンテスト」など笑いをテーマとし、好評の「食いだおれ大会」や「千人ちらし寿司」なども実施する。多くの市民や観光客の参加を呼びかけており、「中心市街地の賑わいづくりに貢献できるものと思っております」(中村全博実行委員長)と、小樽の春を代表するイベントとしての開催を目指す。
 5月19日(金)は、16:30に稲荷小路で「桜祈願祭」が行われ、17:30にサンモール一番街でオープニングセレモニーが開かれ、18:00から「食いだおれ大会」がスタートする。

sakura.jpg