小樽市の「春の建築防災週間」!ホーマックを防災査察!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


sasatsu1.jpg 小樽市 は、国土交通省が実施している「春の建築物防災週間」(4/20~26)の期間、市消防本部と協力して、市内の特殊建築物の防災査察を行っている。
 今回の防災査察は、手宮にある大型ホームセンター「ホーマックスーパーデポ手宮店」を皮切りに、医療・福祉施設や旅館などで行われる。市建築指導課と市消防本部職員約6名が1班体制で、建築の防災・非難施設の維持、保全状況の確認を実施する。
sasatsu2.jpg 20日(木)、「ホーマックスーパーデポ手宮店」では、排煙シャッター、非常用照明、非難誘導灯、排煙窓、火災報知機設備の受信機などの確認が行われた。市建築指導課では 「問題なく管理できている。指摘事項はありません」。市消防本部では 「店舗は大変よく管理されている。従業員にも防災を指導して、家庭でも気をつけて頂ければ、防災の心構えなどが広がっていくのではないだろうか」と述べた。同店の金子幸治店長は 「不特定多数のお客様が来店しますので、まず、安全ということを前提に営業していきたい」と、防災活動を行うとしている。