小樽・貴賓館(旧青山別邸)、第1回牡丹まつり開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


botanfes.jpg 祝津3にある小樽・貴賓館(旧青山別邸)で、5月27日(土)から、「第1回牡丹まつり」が始まった。
 同館の庭園は、牡丹が植えられ満開時の華麗さから見物客も多い。今年は庭園に約300株の牡丹を植えなおしての開催となっている。しかし、今冬の大雪の影響で、蕾がまだ開かず、満開になるのは、6月上旬の見込みとなって、27日(土)の初日は、残念ながら牡丹の咲かない牡丹まつりとなってしまった。
 「ここまで咲かないとは思わなかった。いくつかの蕾は赤くはなってきているので、がんばって明日までに咲いてくれれば良いのに」(木村歩・営業係長)と期待をつないでいた。
 牡丹まつりの期間中、園内でつつじやラベンダー、すずらんなど約15種類の花などを約500~3,500円で販売する「園芸市」10:00~15:00も開かれており、専門家による園芸相談などのサービスもある。
 28日(日)と6月4日(日)12:00~14:00、市指定無形民俗文化財の「高島越後盆踊り」が1日2回披露される。牡丹の季節に合わせ、歌と太鼓と笛の音に合わせて手足を優雅に動かす「高島越後盆踊り」が、園内を華麗に演出する。

 貴賓館HP


botan.jpg