桜が見られぬGW!開花一週間遅れ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


05-02.jpg 大型連休のGW入りで、小樽にも観光客の姿が増えている。しかし、5月2日(火)11:00でも日中の気温は、 3.7 ℃と上がらず寒い黄金週間となっている。
 このため、例年にはGW中に開花する市内の桜の蕾も膨らまず、まだ開花の気配が見られない。
 市内の桜の開花の標本木と見られている小樽警察署玄関脇の ソメイヨシノの 桜の木も、まだ蕾が固い。昨年には、5月3日には、すでに開花しており、今年との差は歴然としている。
 今冬の大雪と長引く寒さで、今年の市内の桜はGW明けと見られ例年より一週間程度遅れる模様だ。
 小樽警察署の桜を見上げていた通りがかりの主婦は 「全然だもんね。いつもこれを目安にして、他のところも見にいくのだけれど、今年は一週間くらい遅れているかな。小樽は活気が無いから、見事に咲くのは桜だけだもんね」と言って立ち去った。