視覚障害者卓球大会開催 7/30!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  卓球台のピンポン球の打球音だけを頼りに競技を繰り広げる、視覚障害者による卓球大会の北海道ブロック大会が、7月30日(日)小樽市総合体育館(花園5)で開かれる。
 「第2回北海道ブロック視覚障害者卓球大会」が、日本視覚障害者卓球連盟北海道ブロック、小樽視覚障害者福祉協会の主催で、7月30日(日)9:00から小樽市総合体育館を会場に開催。
 視覚障害者の卓球は、弱視者の卓球とアイマスクをして行なうサウンドテーブルテニスがある。今回は、サウンドテーブルテニスの個人戦の男子・女子の部(アイマスク着用)と、男女混合の部(アイマスクなし)が行われる。
 来年、小樽視覚障害者福祉協会(池端慧会長)の60周年と、日本視覚障害者卓球連盟の10周年を兼ねて、全国大会が小樽市で行われることになったため、7月30日(日)にリハーサル大会として開かれる。
  「来年の小樽市での全国大会の開催のため、たくさんのボランティア協力が必要になるので、今大会で少しでも多くの人に視覚障害者の卓球を見てもらい、ボランティア参加してもらいたい」(池端会長)とし、最低30名のボランティアを募集している。問合せ:0134-22-6677 池端会長