「わっしょい」「わっしょい」!手宮の子供樽みこし!  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


temiyakid1.jpg 6月9日 金 から11日(日)の3日間、手宮の夏を盛り上げている小樽稲荷神社(末広38)の例大祭。10日(土)12:00からは、手宮地区の子供たちが「わっしょい」「わっしょい」と、元気良く声を上げながら商店街を練り歩く「子供樽みこし」が行われた。
temiyakid2.jpg 10日(土)の「子供樽みこし」には、手宮地区の約30名の子供たちが参加した。小学校低学年の子供たちは2列に並んで太鼓を引っ張り、高学年の子供たちは樽神輿を担いで「わっしょい、わっしょい」と、イベント会場の能島通り商店街を威勢良く練り歩き、手宮の夏を活気づけた。赤や青のハッピ姿の子供たちは「楽しいよ」、「初めて参加したけどおもしろい」と元気良く太鼓を引っ張っていた。
 石山町の伊藤麻里子さん(31)は、「みんなハッピ姿でかわいいですね。今年初めて参加させてみたんですけど、友だち同士で楽しんで出来るので良いですね。子供もすごく喜んでます」と、子供たちを見つめていた。斉藤勝造(75)団長は、「みんなで練り歩いて、ふわ~っと平和でにぎやかでしょ」と、子供たちと一緒に「わっしょい」と声を上げていた。
 同祭りは、手宮らしく勢いのある祭りを目指し、神輿渡御やカラオケ大会、太鼓演奏など様々なイベントを用意している。

 関連記事