小樽港から利尻 礼文へ!「ぱしふぃっくびいなす」入港!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


phacific.jpg 豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」が、6月25日(日)8:00頃小樽港に入港し、その白い巨体が小樽第3号ふ頭に接岸した。
 「ぱしふぃっくびいなす」は、JR東日本の「大人の休日倶楽部」の1周年記念チャータークルーズのため小樽港に入港した。
 このクルーズは、寝台特急「北斗星」と豪華客船「ぱしふぃっく びいなす」を組み合わせたクルーズ。上野駅から「北斗星」で札幌駅に向かい、小樽港で「ぱしふぃっくびいなす」に乗船し、利尻島や礼文島などの初夏の北海道の旅を満喫し、横浜港までのクルーズを楽しむ。
 乗船客は、6月23日(金)または24日(土)に上野駅を出発し小樽で合流。25日(日)22:00小樽港を出港し、利尻・礼文に向かう。2名1室利用の1名料金は、約17万円から18万3,000円までとなっている。
 「ぱしふぃっくびいなす」(26,518トン)は、全長183.4m・幅25m。豪華なディナーやルーレットゲーム、ダンスタイムなど様々な施設やイベントが用意され、豪華客船特有のゆったりとした時間を楽しめる。

 びいなすクルーズHP


 大人の休日倶楽部