姉妹都市ダニーデン市から外国語指導助手!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


alt.jpg 小樽市と姉妹都市のニュージーランド・ダニーデン市のジェニファー・チョウさん(23)が外国語指導助手(ALT)として、8月24日(木)から市内中学校で英語を教えることになった。
 ジェニファーさんは、台湾生まれのニュージーランド育ち。中国語・英語の2ヶ国語を話し、2004年10月から2005年9月まで、ダニーデン市のオタゴ大学から小樽商大へ留学したことがある。「小樽の山や川、海がビューティフルで、ダニーデン市と似ているところがある」と、小樽に好印象を持っており、目下日本語の勉強中だ。
 今回、「語学指導等を行う外国青年招致事業(JETプログラム)」によって、外国語指導助手(ALT-Assistant Language Teacher)として来樽し、24日(水)から北山中や末広中など5中学校で英語指導をする。
 8月14日(月)15:30に山田勝麿小樽市長を表敬訪問。「はじめまして、ジェニファー・チョウと申します」と勉強中の日本語で挨拶し、「学校ではもちろん英語を教えていくが、文化的な活動も積極的に行っていきたい」 と抱負を述べた。
 山田市長は「これまでの経験を活かして、小樽の子供たちに英語を教えて下さい。1年と言わず、3年、4年とずっと小樽に居て下さい」と期待していた。