“記念館コンサート”モーツァルトの夕べ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


tyoryo.jpg 第26回記念館コンサート「モーツァルトの夕べ」が、9月1日(金)18:30から、小樽潮陵高校(潮見台2)の潮陵記念館で行われた。ピアノとヴァイオリンのデュオが会場に心地良く響き渡った。
 今年で26回目となる記念館コンサートは同実行委員会の主催。今年は、モーツァルト生誕250年を記念し、モーツァルトをメインにピアノとヴァイオリンのデュオを開催。奏者は小樽出身のピアニスト・中川和子さんと滝川出身でパリ在住のヴァイオリニスト・伊藤光湖さん。
 第一部では、ピアノとヴァイオリンのためのソナタ変口長調 KV378、ピアノソナタ イ長調 KV331「トルコ行進曲」が演奏され、第二部では、サンサーンスやドビュッシー、シューマンなどの演奏も行われ、ピアノとヴァイオリンが奏でる旋律で、観客たちを魅了していた。

tyoryo.jpg