小樽・雪の花酒造で“ふれあい祭”!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


yukihana1.jpg 小樽市内勝納川のたもとにある日本酒製造元・雪の花酒造株式会社(真栄1)は、9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、「第1回雪の花ふれあい祭」を開祭している。
 「小樽港」などの日本酒で知られる同社の「第1回雪の花ふれあい祭」は、蔵出しの季節を迎えた新酒や小樽・後志の物産を一堂に集めたイベント。酒造工場見学や同社の全製品の試飲が出来る酒蔵まつり、家族で楽しむ縁日コーナー、新米・生シャケ即売会などが用意された。
yukihana2.jpg 9月30日(土)の初日は、新米・生シャケ即売会目当てに市民など多くの家族連れが集まった。新米や生シャケもあっという間に売り切れた。工場見学や日本酒の試飲でちょっとほろ酔いの人も目立ち、よさこいソーラン演舞、オールディーズ演奏、和太鼓演奏などのイベントを楽しんでいた。
 札幌の女性は、「じゃがいもやヤーコン、ジンギスカンをいっぱい買いました。米の即売会がメインで来ましたので、3袋も買ってしまいました。美味しいお米が安く手に入るので嬉しいです。日本酒も試飲しましたが、美味しかったです。お土産に買っていきます」と、買い物袋をいっぱいにしていた。縁日コーナーでは、「ヨーヨーがほしい」、「お祭り楽しい」と、お母さんの手を引っ張る子供たちが見られた。

 雪の花酒造HP