「北海道商談会 in 台北2007」の事業説明会 11/1開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市・商工会議所・小樽商大・民間団体で組織する「東アジア経済研究会」(中野豊会長)は、11月1日(水)13:30から、小樽市役所別館4階・第3委員会室で、「北海道商談会 in 台北2007(仮称)」の事業説明会を実施する。
 同会は、2003(平成15)年度に小樽市地域経済活性化会議として発足。小樽産品の効果的な販路開拓や新商品の開発を進めることを目的に、既存産業活性化ワーキンググループを設置した。2005(平成17)年度には、東アジア経済研究会に改め、東アジア地域における市場調査、販路開拓や観光情報の発信などの事業を進めてきている。
 2004(平成16)年度には、香港そごうで北海道小樽フェアを開催。2005(平成17)年度には、台湾の太平洋そごうでの日本商品展で、小樽産品の販売ブースを設け展示販売などを実施した。百貨店からも継続実施の要望があるなど好評を博していた。
 2006(平成18)年度は、2007年3月19日(月)に「北海道商談会 in 台北2007(仮称)」を台北市内のホテルで開催する。「これまでの結果を踏まえて、新たな販路開拓や恒常的な販路の確立を目指し、台湾の地元食品バイヤーやホテル・飲食店関係者、旅行エージェント等を対象に実施する」という。
 このため、同会は、11月1日(水)にこの商談会の事業説明会を実施する。参加希望者は、10月30日(月)までに必要事項を記入した参加申込書を、市経済部商業労政課にFAXで送信する。
 問合せ 電話:0134-32-4111 FAX:0134-33-7432

 関連記事