“いい夫婦の日”に永遠の愛!小樽ロングクリスマス挙式!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


wedding1.jpg 11月22日(水)は“いい夫婦の日”。小樽ロングクリスマス2006(11/11~12/25)が開催中の小樽市内では、同イベント会場の運河プラザ(色内2)で、“ロングクリスマス挙式”が15:00から行われた。
 “いい夫婦の日”に永遠の愛を誓ったカップルは、札幌市の池田利明さん(32)とあゆみさん(29)。2人は今年1月から交際をスタート。その後も交際は順調に進み、11月22日(水)の“いい夫婦の日”に入籍だけすることにしていた。しかし、あゆみさんの同僚から、この小樽ロングクリスマス2006の「ウェディングプレゼント」のことを知り、すぐに応募し約50組の中から運良く選ばれた。
wedding2.jpg 挙式は、会場内に設置されているメッセージツリーの前で行われた。2人は、バージンロードを1歩ずつしっかりと踏みしめながら、神父のもとに向かった。式場では同イベント関係者約10名が、初めてのロングクリスマス挙式で愛を誓う2人を見守っていた。神父の「思いやりがあれば、結婚生活はまさにいい夫婦」などの祝福を受け、永遠の愛を誓うキスをし結婚式を終えた。
 2人は「緊張しましたが、この場所で結婚式を挙げられて本当に良かった。感動しました」と、寄り添いながら幸せを満喫していた。
 同イベントを主催する小樽観光誘致促進協議会・観光プロモーション委員会の土合英臣副委員長は、「昨年ロングクリスマスを開催した時から、このメッセージツリーは結婚式に似合うと思っていました。実際に開催してみて、思った以上に合うと思いました。今後も開催していきたいので、ぜひここで結婚式を挙げて、小樽のこの場所を思い出の場所にしてもらいたい」と話していた。