小樽市内今シーズン初の積雪記録!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市内は22日(水)から断続的に降り出した雪で、23日(木)明け方には、一面に銀世界が広がった。この降雪で、小樽市内勝納町にある札幌気象台の無人特別地域観測所は、今シーズン初の積雪深を記録した。
1123.jpg 今シーズン初の積雪2cmは、気温-2.5℃の22日(水)22:00に記録。以降、23日(木)の深夜にかけて積雪3cmを記録したが、朝7:00には積雪1cmとなり、気温の上昇とともに積雪が消え、9:00には0cmとなった。
 これは、冬型の気圧配置となり、北海道上空に強い寒気が入り、気温もマイナスになり、22日(水)から吹雪や強風で大荒れの天候となったため。吹雪となった23日(木)の夜中もマイナス気温が続き、積雪がアイスバーンになる道路もあり、ノロノロ運転で今シーズン初の積雪走行に戸惑う車も多く見られた。
 23日(木)の早朝は、駐車場などに停めている車に雪が積もるなど、白一色となっていた。小樽運河の散策路にも雪が積もっており、「うあっ雪だ」、「冷たい」などと積雪に触れながら散策する観光客が見られた。
 札幌管区気象台が22日(水)に発表した波浪警報と強風注意報は解除され、23日(木)15:00現在で、波浪注意報が発表されている。「暴風と高波に関する北海道地方気象情報 第6号」によると、「暴風や高波に引き続き警戒して下さい。また、日本海側では雪による交通障害に注意が必要です」と注意を呼びかけている。