後志児童文学の会、機関誌「北の虹」を発刊!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kitanoniji.jpg 後志児童文学の会(続橋利雄会長)は、1月20日(土)付で、機関誌「北の虹」32号を発刊する。
 「北の虹」は、北海道の厳しい風土性と夢をにじみこませることをテーマとして発刊し続け、今回で32号となった。黄色のゴミ袋、少年時代、アンコール・ワットを訪ねてなど会員の8作品が収められている。A5版63ページ400円(税込)。
 1977(昭和52)年に発足した同会は、児童文学の創作の勉強をしてみたいという市民のために広く門戸を開いており、童話作り講座などの事業を行っている。現在の会員は11人。
 問合せ:0134-52-1763 後志児童文学の会。