ペンギンのお散歩!おたる水族館の冬季特別営業!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ペンギンたちがかわいい姿でお散歩。かわいいコツメカワウソもやって来る。おたる水族館(祝津3)が、「第9回小樽雪あかりの路」(2/9~18)の協賛事業として、2月3日(土)から18日(日)までの16日間、冬期特別営業を実施。
 同館の冬期特別営業では、昨年好評を博した「ジェンツーペンギンの散歩」に加え、道内水族館では初めて「コツメカワウソ」の展示も行われる。同館では3回目となる冬季特別営業だけに、「進化が問われる3回目。力を入れ、本営業に向けて動物の充実を考えている」と意気込んでいる。
 昨年人気となったペンギンの散歩では、昨年よりも約2倍の50mを歩かせる。正面玄関のペンギン展示水槽から正面ホールの「ほのぼのプール」まで、かわいいよちよち歩きを見ることが出来る。
 名古屋で昨年3月に生まれたコツメカワウソ兄妹2匹は、マンボウを展示していた水槽を改修して展示される。東南アジアなどの水辺に棲む世界最小のカワウソの仲間で、とてもユーモラスな姿を見ることが出来る。
 このほか、特別展として、チョコレートグラミーやキッシンググラミーなどバレンタインデーにちなんだ魚7種類200匹を展示する「Love story~お魚たちからの贈り物~」も用意されている。イルカスタジアムでは、迫力のイルカとコミカルなオタリアショーを実施。館内の裏側を職員が案内するバックヤードツアーも毎日2回行うことにしている。
 雪あかり期間中、普段は見られない動物たちの姿を楽しめるイベントとなっている。

 おたる水族館HP


winter.jpg