後志料理人の技が光る80品!後志フードフェスティバル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽など後志管内の料理人が創り出す約80品の料理がずらり並ぶ、「第13回後志フードフェスティバル」が、3月7日(水)、小樽グランドホテル(稲穂1)で開催する。
 同フェスティバルは、「地域の食と未来を考えるシンポジウム」(16:00~17:30)と「後志地域の食材を堪能する立食パーティー」(18:00~19:45)の2部構成で行われる。
 第1部のシンポジウム(16:00~17:30)は、“食品の販売”にスポットを当て、地場に根ざし、こだわりを持って実践をしている商店主などの話から学び、活力ある地域づくりを考えていく。基調講演とパネルディスカッションが用意されている。北海道中小企業家同友会しりべし・小樽支部 農業経営部会の主催。参加無料。定員150名。
 第2部の立食パーティー(18:00~19:45)は、後志地域のホテルやレストランなど20店舗以上が参加し、後志産の農産・水産品をふんだんに使った個性豊かな料理約80品を揃える。同フェスティバルの人気イベントで、例年、満員のグルメたちが、お目当ての料理人が腕によりをかけた創作料理に舌鼓を打つ。社団法人全日本司厨士協会小樽支部の主催。。参加チケット:4,000円。定員400名。
チケット購入や問合せは
 ◎トラットリア マルコポーロ(堺町5) 0134-27-8000
 ◎北海道中小企業家同友会しりべし・小樽支部(色内1) 0134-25-9191
このほかチケット販売は
  ◎レストラン村(花園1) 0134-25-1188
  ◎九年母(花園1) 0134-33-8383

shiribeshi.jpg