水天宮境内で火災(22日)!放火か、東屋を全焼!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市長・市議選の投開票日の4月22日(日)21:00頃、小樽港を一望する高台にある水天宮(相生町3)で火災が発生した。
 本殿近くの東屋(13平米)と手水舎(7平米)、物置小屋(13平米)に延焼したが、50分ほどで鎮火し、木造平屋建の本殿・社務所に延焼はせず、無事だった。
 火災は、21:00頃、東屋から出火。付近を犬の散歩していた市民からの通報があった21:06には、既に手水舎と物置小屋に延焼していたという。火の手が真っ赤に上がると同時に、花園の飲食店経営者などからの119番通報が何本も寄せられた。
 消防本部からも火災の様子が見え、消防車両12台、消防隊員34名の第2出動ですぐに消火活動にあたった。
 火災は、21:49に鎮圧した。東屋が全焼したものの、ほか2棟は半焼と部分焼の被害でおさまり、本殿への延焼はなかった。火災原因は放火とみている。
 水天宮は、小樽市民に馴染みが深く、例大祭は小樽の三大祭として知られている。本殿・社務所が無事だったので、祭りの開催には影響がないと見られている。