運河まんじゅう本舗堺町店オープン!台湾スイーツも販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  生まんじゅう“樽っ子”で知られる菓子製造販売の北海道宝株式会社(入船1・河越将守代表取締役)は、4月29日(日)、小樽の観光名所・堺町通りに「運河まんじゅう本舗堺町店」(堺町4-18)をオープンさせた。
 同店では、名物商品・運河まんじゅうなどの菓子20品やキーホルダーなどの土産物のほか、テレビなどで取り上げられ本州で話題となっている台湾スイーツ「雪花氷(シェーファーピン)」を、道内で初めて販売する。
 「雪花氷」は、台湾で人気の氷菓子。見た目はかき氷だが、綿菓子のようにふんわりとした食感で、口の中で冷やっとすぐに解けてしまうことで、話題を呼んでいる。
 商品は、マンゴーとミルク味の2種類。アップルマンゴー・ブルーベリー・チョコレートの3つのトッピングが楽しめる。かき氷のように、客の目の前で凍らした原料を削ってトッピングして出す。1個500円(税込)。
 ゴールデンウィークの29日(日)は、家族連れの客が店に訪れ、次々に「雪花氷」を注文していた。店前にあるテーブルで食べていたカップルは、「不思議。口の中でふわっと解けてしまった。美味しい」と、小樽で台湾スイーツに舌鼓していた。
 北海道宝は、群馬県の輸入業者と北海道での代理店契約を結び、「東京ではブームに火がつき、販売店で物凄い反響がある。北海道でもブームを起こしたい」と、道内の販売店を増やしていくことにしている。

 ◎北海道宝株式会社HP