小樽・石狩秘境100選に情報を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


hikyou.jpg 観光ブックなどに載ってない小樽・石狩の意外な場所を探り、選りすぐりの面白い秘境をまとめる「小樽・石狩秘境100選」の出版を計画している、北大名誉教授・青木由直さん(65)。
 自身のブログで情報を発信し、BBS(掲示板)で情報提供を呼びかけ、ようやく80近い秘境が集まった。「より良いものを集めたいので、120以上の秘境を取材したい」と意気込んでいる。
 青木さんは、情報メディアが専門。昨年10月に「札幌秘境100選」(218ページ)を自費出版し、約2,500部を完売した。自分が長年住んでいる札幌で、行こうと思わないと中々行かない所を記録しようとブログを開設し、情報提供を呼びかけた。集まった情報から選りすぐりの100ヶ所をまとめ上げて出版したところ、小樽や石狩の市民からも、私たちの街では出来ないのかとの声が寄せられた。このため、現在、ブログや掲示板などに集まった情報などを基に、小樽や石狩の秘境を訪ね歩いている。
 小樽・石狩秘境100選は、意外な場所、アクセスが可能な場所(原則無料)、考えさせられる場所の3条件で、建物・屋内、神社・寺、史跡・歴史、碑、景観、海・川などの10項目でまとめる予定。建物・屋内では、小樽市議会本会議場のフットライトや金融資料館のフクロウの彫刻。神社・寺では、龍徳寺の日本一の木魚などの80ヶ所が集まっている。
 5月30日(水)に小樽に訪れた青木さんは、小樽市奥沢水源地の奥にある秘境“穴滝”へ足を運んだ。6月中には原稿を締切り、10月頃に出版する予定で、「自分が努力して辿り着いた場所は、大変さが分かるので良い。さらにより良いものを集めたいので、多くの取材をして素晴らしい100選にしたい」と話し、小樽の秘境情報を集めている。
 秘境100選ブログ
 秘境100選BBS