お宝フィギュアのネット公売!売上げ81,710円に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 お宝フィギュアのネット公売で注目が集まっていた小樽道税事務所(富岡1)は、税滞納者から差し押さえたフィギュアやゲームソフトなど13点のうち12点が落札され、合計で81,710円の売上となったと喜んでいる。
 今回で3回目となったインターネット公売で、同事務所は、マニア受けするお宝フィギュア10点を出品し、全国から注目が集まり話題を呼んでいた。
 出品されたお宝フィギュアは、恋愛シミュレーションゲームのときめきメモリアルやエヴァンゲリオンの人気フィギュア一体800円~1,200円。オークション参加者は389人に上り、入札は、5月8日(火)13:00から10日(木)13:00まで行われた。
 この結果、エヴァンゲリオンの綾波レイの着せ替え人形1,200円が、なんと30,000円という高値で落札された。このほかにも、12,500円や11,400円など驚くほどの高値がついた。このほか、ゲームソフトなども売れ、合計で81,710円の売上となり、5月17日(木)に全商品の入金が終わり、配送も完了した。
 「皆さんに注目されて高額で落札してもらい感謝している。ホビー系のものが売れるということが分かったので、今後、滞納者がいた場合に差押え、落札されるという確信が出来た。これからも滞納額を圧縮していきたい」と、同事務所ではホクホク顔だ。
 ◎関連記事