暑い夏がやってきた!小樽市街 30℃超え!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6-5.jpg 6月5日(火)、小樽市内の気温はグングンと上昇。11:00に20.4℃、15:00に26.5℃の夏日を記録した。市街の温度計では、30℃超えの真夏日を記録し、いよいよ小樽に真夏が到来した。
 5日(火)は快晴となり、一日中強い陽射しが差し込み、市内の気温は一気に上昇した。小樽運河の浅草橋街園に設置されている温度計は、15:00に30.8℃を記録し、今年初めて30℃を超えた。
6-5-1.jpg 市街中心地では、30℃を超えたが、高台にある札幌管区気象台の小樽特別地域気象観測所(勝納町)での最高気温は、27.0℃だった。しかし、本格的な暑さの到来で、市内の温度計が30℃を超える日が多くなる。
 小樽運河の浅草橋街園では、上着を脱ぎ半そで姿となった観光客たちが、「北海道の小樽なのに暑いね。30℃超えてるんだね」と、ハンカチで汗を拭いながら記念撮影していた。市内商店街を歩く買い物客たちも、なるべく日陰になるところを歩き、アーケードがあるサンモール一番街や都通り商店街などをわたり歩いていた。