小樽桜陽・岩内・倶知安が準決勝へ!高校野球支部予選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 27日(水)に開幕した夏の高校野球小樽支部予選の第2日目が、28日(木)09:30から、市営桜ヶ丘球場(花園5)で行われた。
 第2日目は、Bブロックの第1試合・古平×小樽桜陽、第2試合・小樽水産×岩内、第3試合・倶知安×寿都の全3試合。
 第1試合・古平×小樽桜陽は、小樽桜陽が3回に4点取り、古平はその裏に1点返した。小樽桜陽の勢いは止まらず、4回に1点、6回に3点、7回に1点と点数を重ねた。古平も負けずと7回裏に1点返したが、7回コールドの9-2で、小樽桜陽が勝利した。
 第2試合・小樽水産×岩内は、小樽水産が5回に1点先制するも、岩内が、7回に2点、8回に7点の大量点を取り、11-3で準決勝へ。
 第3試合・倶知安×寿都は、倶知安が初回表に1点、寿都もその裏のホームラン1点で振り出しに。倶知安が、3回に4点取り、その後も回を重ねるごとに点数を重ね、7回コールドの10-3で勝利。
 第3日目は、Aブロックの準決勝2試合が行われる。第1試合・小樽潮陵×北照、第2試合・蘭越×双葉となっている。春の支部予選では、小樽潮陵が強豪の北照を破り、全道大会へ出場しており、この夏の支部予選で2校の対決が注目されている。
 第1日目 北海道高等学校野球連盟HP 

base2-1.jpg