サン・クロレラ クラシック2007!小樽カントリーで開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道初のゴルフクラブとして1928(昭和3)年に誕生した、名門の小樽カントリー倶楽部(銭函3)で、8月2日(木)からサン・クロレラ クラシック2007が開かれる。
 同大会は、賞金総額1億5,000万円・優勝賞金3,000万円の高額賞金でも知られ、プロゴルファー144名が、この優勝を争う。過去にも名勝負を数々繰り広げてきた大会で、関係者の注目度も高い。
 8月1日(水)には、プロ・アマトーナメントが行われ、大会の幕を開く。2日(木)・3日(金)は予選ラウンド、4日(土)・5日(土)は決勝ラウンドとなり、テレビ中継も行われる。
 片山晋呉、ジーブ・ミルカ・シン、谷口徹・エスケー・ホなど内外のプロが、その腕前を小樽で披露する。
 小樽カントリー倶楽部HP
 サン・クロレラ クラシック2007HP