いよいよ おたる潮まつり開催へ!7月最後の週末の夏祭り!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zenjitu.jpg 小樽の夏を盛大に彩る「第41回おたる潮まつり」が、いよいよ7月27日(金)から幕開けする。全市的に盛り上がる夏のイベントは、27日(金)から29日(日)の3日間で行われる。



 開催前日の26日(木)、実行委員会をはじめとする各関係機関・団体は大忙し。中央ステージ設営の最終チェック、出店の設置作業、潮踊りの猛練習など、1年に3日間だけの一大イベントの盛り上げに全力を注ぐ。
 中央ステージでは、すでに飾りつけが終わり、提灯に灯りが入り、祭りの雰囲気が一段と高まっていた。19:00からは、27日(金)初日のオープニングのリハーサルも行われた。
 27日(金)は、18:30~19:45に、山二わたなべから中央ステージまで「潮ふれこみ」が行われ、実行委員長やミス潮らが街中を練り歩く。19:45からは、開祭式や御神水奉納、点灯式などが行われ、潮まつりの開幕を告げることになっている。その後、民謡三絃錦栄流錦栄会の津軽三味線、潮太鼓の打演が披露される。
 28日(土)は、各種ステージイベントのほか、13:00から、「潮ねりこみ」が行われる。全77悌団約5,600人が、花園グリーンロードから中央ステージまでを練り歩き、祭りを盛り上げる。
 29日(日)は、13:30~17:00にみこしパレードが行われる。角磯ハブタイ屋前から中央ステージまで、威勢良い担ぎ手たちが練り歩く。フラダンスや小樽出身のHIPHOPグループの演奏も披露される。
 28日(土)・29日(日)の2日間は、特設ステージも用意され、よさこい、ロックバンドなど、若者たちも祭りの盛り上がりに一役買うことになる。
 この3日間の天気予報は、27日(金)曇時々晴、28日(土)曇一時雨、29日(日)曇時々晴となっている。28日(土)は、降水確率70%となっており、関係者は、「雨が降っても、潮ねりこみはやる。雨にも負けないように盛り上げてたい」と、祭り成功のため、準備作業に万全を期していた。
 おたる潮まつりHP