運河に懐かしのメロディ!浅草橋オールディズナイト 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

asakusa.jpg 小樽の観光名所・小樽運河を背景に、懐かしのメロディが奏でられる「おたる☆浅草橋オールディズナイト」(同実行委員会)が、21日(土)・22日(日)の2日間で行われている。


asakusa.jpg
 「アマの晴れ舞台を」と有志が企画して、今年で4回目を迎える。第1回目はたったの6組だったが、今年は、なんと小樽・札幌・苫小牧などから20組ものバンドが出演している。
 第1日目の21日(土)は、小樽市民などが自由に参加できるカラオケ大会からスタートした。札幌からの飛び入り参加もあり、バンド演奏の前に会場は盛り上がりを見せた。バンド演奏では、地元・小樽の高校生バンド「バックヤード」も参加した。天才エレクトーンプレーヤーとして全道でも有名な小樽潮陵高2年の生徒が初めて参加、その腕前を披露し、会場からは拍手や歓声が飛び交っていた。
 小樽市民や関係者で賑わう会場は、普段は観光客の記念撮影スポットとなっているが、この2日間だけは、懐かしの音楽とビールで楽しむイベント会場に変わる。市内在住の女性は、「暑くも寒くもなく、雨も降らずちょうど良い天候でよかった。昼からビール飲んで懐かしい音楽を聴けて最高に楽しい」と満喫していた。 出演者一覧 
 おたる☆浅草橋オールディズナイト ブログ