総務省「公立病院改革懇談会」が初会合!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市が進める市立2病院の統合新築へ大きな影響を及ぼす、総務省が設置した「公立病院改革懇談会」(長隆座長)の第1回会合が、23日(月)に開かれ、いよいよ自治体病院改革のガイドライン策定に着手した。
 長隆座長が、代表を務める東日本税理士グループのホームページは、7月24日(火)付けで、この「公立病院改革懇談会」の第1回会合の詳細記事をリンクしている。こちら 
 今後の小樽の新病院の行方を左右する総務省の懇談会が、イエローカードやレッドカードを出す具体的な数値目標について、どのように策定するかに注目が集まることになる。