食中毒事件発生!銭函仕出しセンター3日間営業停止へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 有限会社鮨処大山(銭函3・大山邦男社長)経営の銭函仕出しセンターの食品が原因で、小樽市内・余市町内の3社会福祉施設で食中毒事件が発生し、同センターは、24日(火)から3日間の営業停止となっている。
 小樽市保健所によると、市内社会福祉施設では、7月18日(水)に入所者24名・職員1名が発症し、軽便の症状を呈しているという。有症者の共通食が銭函仕出しセンターからの食事だった、有症者1名の軽便と保存食からウェルシュ菌が検出されたことなどから、市保健所は、同センターによる食中毒事件と断定し、24日(火)から26日(木)までの3日間の営業停止を命じた。