小樽のアンテナショップ、東京板橋区に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市は、今年10月から、東京都板橋区ハッピーロード大山商店街の全国ふれあいショップ「とれたて村」に、アンテナショップを展開する。
 「商品ニーズの把握と販路拡大を図る」ことを目的として、「とれたて村」にアンテナショップ18坪(59.4平米)を置き、小樽産品50~100品を陳列する。商品供給など店舗との窓口は、(社)小樽物産協会が担当し、小樽市が会費(月額42,000円)を負担する。
 「とれたて村」では、物販だけではなく、観光を含めた板橋区民と参加11自治体との交流事業を重視していることから、市では、「観光情報や地域情報の発信も行い相互交流を目指す」としている。10月7日・8日には、小樽市単独で物産販売と観光PRを行う。
 山田勝麿市長は、「商店街のアーケードは560mあり、夕飯の準備などに多くの人が利用する。物販とともに観光PRを合わせてやっていきたい」と話していた。
 ハッピーロード大山商店街HP