実り始めた手宮公園の栗の木!北限の自然林に秋色!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kuri.jpg 北海道の美林に指定され、北限の自然林を形成している手宮公園の栗林に、毬(いが)で包まれた栗の実が、日一日と大きさを増し、秋の到来を告げている。
 手宮公園(約9,000平方メートル)の一角には、北限の自然林の栗林が広がっている。推定樹齢100~170年の自然繁殖した栗の大木が並び、見事な自然林を形作っている。
 この栗林は、2004(平成16)年9月の台風で大きな被害を受け、いくつもの大木が打ち倒され、無残な姿となった。しかし、その後、天候にも恵まれ、再び、栗の実をつけ始めている。
kuri1.jpg 今年も夏の暑さもあり、栗の枝には、毬に包まれた多くの実が、実り始めている。まだ、緑の毬に包まれ、栗の実の姿は見えないが、中には、毬が茶色に変色し始めているものも見られるようになった。
 この手宮公園の栗の実は小粒だが、味が良いとして、周辺住民は、栗拾いを楽しむ。秋の小樽の風物詩のひとつともなっているが、8月も最後となり、9月に入ると、栗の実が地上に落ち、栗拾いを楽しめるようになる。
 関連記事