「うしお亭」の弁当で食中毒!3日間の営業停止!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


usiotei.jpg 小樽市保健所(外岡立人所長)によると、9月23日(日)に小樽市民会館(花園5)で開かれた「第50回北海道母親大会 in 小樽」で出された弁当を食べた、657名のうち65名が食中毒症状を呈し、黄色ブドウ球菌が検出された食中毒事件が発生したことが分かった。
 弁当を調整したのは、小樽市内花銀通りにある「小樽寿し処うしお亭」(花園1・有限会社まる乃)で、23日(日)14:00頃、吐気・嘔吐・下痢・腹痛などを訴える症状が発生した。有症者2名の便と弁当の残品から黄色ブドウ球菌が検出されたことなどから、市保健所は、食品衛生法に基づき、27日(木)から29日(土)までの3日間の営業停止を命じた。
 この間、施設の清掃及び設備器具類の洗浄消毒、調理従事者の衛生教育などを徹底するよう指示した。
 同店は、24日(月)から営業を自粛しており、入り口のシャッターが閉められている。