手宮緑化植物園 11/3(土)閉園即売会!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年4月29日(日)から開園していた、手宮公園にある手宮緑化植物園が、11月3日(土)に、今シーズンの幕を閉じ、冬ごもりに入る。このため、閉園日の10:00から、鉢花11種44点を販売することにしている。
 小樽港と石狩湾を眼下に眺める広大な景色が拡がる同園は、市指定の重要眺望地点のひとつとなっており、市民や観光客が散策に訪れ親しまれている。
 緑の相談所が併設され、鉢花の展示や園芸相談なども行っており、春には、桜の名所として多くの市民が訪れている。芝生庭園からの眺めは一幅の絵画を見るような見事さがあり、シーズン中は、市民たちが散策を楽しんでいる姿が見られていた。
 11月3日(土)の閉園に伴い、10:00から、開園中に展示していたゼラニュウムやブウゲンビレア、ハイビスカスなどの鉢花11種44点を、200円から500円程度で即売することにしている。鉢花は数量限定で、なくなり次第終了となる。
 関連記事1  関連記事2