“小樽ロングクリスマス”ガラスアート製作開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 初冬のイベント「小樽ロングクリスマス2007」(11/11〜12/25)開催まで、残り1ヶ月となった。好評のガラスアート展示会の作品製作も始まり、準備作業も本格化しており、製作スポンサー探しも、もうひと踏ん張りとなっている。
 このイベントは小樽観光協会の主催。小樽への観光客が落ち込む11月から12月に、宿泊・飲食・観光施設が連携した“クリスマス”にこだわった商品提供や、市内のロマンチック・スポット紹介など様々な企画を用意し、道内外から多くの観光客を呼び込もうとしている。
 昨年好評を博した、JR小樽駅エントランスホールのガラスアート展示会が今年も行われる。市内14ガラス工房が参加し、『贈り物』をテーマにガラス作品が創られる。10月に入り、各工房でも製作に本格的に取り掛かっている。
 現在、小樽観光協会では、この作品の制作費などを負担するためのスポンサーを募集している。スポンサー枠も残りわずかで、市内外の協賛企業に参加を呼びかけている。スポンサー料15万円(製作費用10万円・展示広告料5万円)で、展示期間中スポンサー名を表示し、展示終了後に作品を所有することが出来る。
 スポンサー申込書(PDF)