秋の消防訓練!ホテルノイシュロス小樽 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


neuschloss2.jpg 小樽市内祝津地区で、15日(月)、消防車両のサイレンが高く鳴り響いた。秋の火災予防運動(10月15日〜31日)の総合消防訓練が、11:30から、ホテルノイシュロス小樽(祝津3)で実施された。
 秋の火災予防運動は、「火災の発生を防止し、高齢者などを中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐ」ことを目的に、火災の発生しやすいこの時季に合わせて、小樽市消防本部が毎年行っている。今年は、祝津地区の断崖沿いに建つホテルノイシュロス小樽で、消防訓練を実施した。
 訓練には、小樽市消防本部・消防団30名と車両7台、同ホテル従業員16名が参加した。「10月15日(月)11:30頃、1階厨房から火災が発生、自衛消防隊による避難誘導・初期消火活動などが行われたが、火勢は建物全体に拡大延焼の様相を呈し、宿泊客2名の不明情報がある」との想定で行われた。
neuschloss1.jpg
 火災発生とともにホテル内部に避難を誘導する放送が流れた。宿泊客や従業員が正面玄関から外へ避難し、自衛消防隊2名によって消火器で初期消火が行われたが、火の勢いは止められず、建物全体に火災が拡大した。消防サイレンとともに10トンタンク車やハシゴ車などが、同ホテル前に次々に駆けつけた。
 避難した従業員が見守る中、消防隊員たちは、屋上と屋内に逃げ遅れた宿泊客2名を救助するため、屋内では内部の捜索を行い、屋上にはハシゴを伸ばし迅速に対応した。宿泊客の救助を終えた隊員たちは、4本のホースで、ホテル上空に向かって一斉に放水し、実践的な訓練を終えた。
 同ホテルの岩崎敦志副支配人は、「予防や非難訓練は行っているが、消防本部と合同で訓練を行うことで、職員の意識がさらに高まるだろう」と話していた。