雪掻き分けて落ち葉拾い!市民ボランティア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市内のボランティア団体が、11月23日(金)13:00から、日銀通りのプラタナス並木の落ち葉拾いを行った。
 オーセントホテル前のバス通りから臨港線までの日銀通り約450mにあるプラタナス並木は、緑のある良好な景観を保つため、2004(平成16)年から、基本的に無剪定か弱剪定で、出来るだけ枝を残すことになっている。日銀通り景観協議会(中村全博代表)が市と協議し、実施されている。
puratanasu.jpg このため、落葉時期には、同協議会と小樽緑のまちづくりの会、小樽おもてなしボランティアの会、小樽観光ガイド倶楽部などのボランティア団体、市職員が協力し、昨年から、プラタナスの落ち葉拾いを行っている。
 2年目の活動となった23日(金)は、連日の降雪で、落ち葉が散乱した歩道などには雪が積もっており、約30名の参加者たちは、火バサミなどを使って、雪から葉を掘り返したりしながら、作業に取り組んだ。
 「今年は雪が積もって、葉が取りづらい。本当は、一週間前にやるべきだったが、悩んでいるうちに根雪になってしまった。タイミングが難しい」(小樽緑のまちづくりの会)と、プラタナスの葉を拾い集めていた。来年には、この落ち葉拾いを2回行うことにしている。
 関連記事