日本共産党小樽地区新委員長に、千葉隆氏!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kyosan.jpg 日本共産党小樽地区委員会は、12月4日(火)、小樽市役所で記者会見を開き、小樽地区委員会の新委員長に千葉隆氏(50)を選出したと発表した。
 新地区委員長は、2日に開かれた第44回小樽地区党会議で選出された。
kyosan1.jpg 同党小樽地区では、田中弓夫前委員長の選出まで、市内からの選出を行ってきたが、「地元小樽だけの選出では、視野が狭くなる」と、前委員長から全道規模での選出を行っているという。
 千葉新委員長は、余市町生まれで小樽北照高等学校卒業後、国鉄に入社し、退職後、党専従者となり、1997(平成9)年から党道委員を務めている。「小樽は故郷みたいなところで、努力して共産党を大きくし、弱くならないようにしたい」と話していた。
kyosan.jpg