市内三大神社で新年祈願!繰り出す初詣客 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年元日(火)、住吉神社(住ノ江2)・龍宮神社(稲穂3)・水天宮(相生町3)の市内三大神社に、大勢の初詣客たちが繰り出した。市民たちは、本殿前で両手をしっかり合わせて、新年の安全・幸福祈願を行っていた。
 うっすら雪化粧した元日の市内は、早朝は雲に覆われたが、その後、快晴に恵まれた。早朝から、多くの市民が最寄の神社に足を運び、2008年の安全祈願をした。初詣に欠かせない「おみくじ」で、今年1年の運だめしを行い、「おっ大吉だ」、「あたしは小吉」などと一喜一憂していた。
 住吉神社では、2007年12月に完成した新神輿蔵の中で、御守りや御札を頒布していた。蔵の前には、おみくじ販売所も作られ、大勢の市民たちが列をつくっていた。龍宮神社や水天宮にも、三々五々と初詣客が訪れて賑わっている。
 初詣に行こう!!