学校給食で腹痛・下痢!市内張碓小児童22人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 市内新光共同調理場で作った給食の「ミートボールのカレー煮」に、薬のような味がしたマッシュルーム(中国産)が混入されており、それを食べた市内張碓小学校(春香町215)児童22名が腹痛・下痢の症状を呈していたことが、7日(木)に分かった。
 腹痛・下痢症状の児童は、2月7日木)に登校しており、昨日、病院へ行った児童はいない。市保健所の検査結果では、新光共同調理場は問題がなく、農薬などの毒物は検出されていないとしている。