“小樽大好き人”18人 マイスター検定に合格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kankodai.jpg 小樽観光大学校(山田勝麿大学校長)のおたる案内人最高位・マイスター検定試験で、小樽や札幌などの“小樽大好き人”18名が合格した。5月8日(木)10:30、小樽市役所市長応接室で合格証授与式が行われた。
 第1回検定試験は、4月20日(日)、小樽商科大学(緑3)で行われ、小樽や札幌、帯広、東京などから41人が受験。択一式(19問)と記述式(6問)の120点満点のうち、70%以上で合格。
 受験者41名のうち18名が合格した。合格率は43.9%で、平均点は80.05点。合格者18名のうち13名が授与式に出席した。山田大学校長は、「マイスター合格の皆さんには、誰もが認めるおたる案内人として、小樽観光・まちづくりに期待しています」 と一人一人に合格証を手渡した。
 西條文雪運営委員長は、「5日間の1級講座を受けて合格し、さらにブラッシュアップ講座でマイスターに合格した皆さん、マイスターとしてさらに研鑽し、小樽の観光に尽力してもらいたい。さすが、マイスターだと言われるようになってもらいたい」 と期待した。
 最高齢の観光ガイドクラブ代表の倉重紀久男さん(68)は、「一人でも多くの観光客の方に感動を与えられるように努力したい」 と誓った。
 関連記事1
 
 小樽観光大学校