北照野球部に不祥事 春季大会辞退・記念試合中止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年創部100年を迎える北照高野球部の部員間で、昨年12月に暴力行為が発生し、4月に表面化したことで、同校は、「第47回春季北海道高等学校野球大会小樽支部」の出場を辞退するとともに、今年6月に予定していた創部100周年記念試合「箕島(和歌山)×星稜(石川)」も中止することになった。
 昨年12月、部員間で、生活態度を巡り暴力行為があったことが、4月に表面化したため、同校野球部が、対外試合を自粛するとともに、13日(火)から行われる「第47回 春季北海道高等学校野球大会小樽支部予選」への出場辞退を、5月1日(木)に高野連小樽支部事務局に届け出た。
 また、同校は、創部100周年記念イベントで、延長18回にわたって死闘を演じた「箕島(和歌山)×星稜(石川)」の甲子園試合の再現を6月に予定していたが、その招待試合も中止することにした。
 第47回春季北海道高等学校野球大会小樽支部組み合わせ抽選は、5月2日(金)、小樽水産高校で行われた。北照高をのぞく、小樽・後志の13校が、全道大会出場の切符をかけて、13日(火)から熱戦を繰り広げる。
 関連記事1
 春季小樽支部組み合わせ(PDF)
 北海道高等学校野球連盟