巨額道路予算が復活 小樽開発建設部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽開発建設部(潮見台1)は、2008(平成20)年度の道路関係事業・小樽開発建設部実施分の概要を、5月2日(金)に公表した。
 小樽開発建設部が実施する今年度の事業費は、総額227億2,800万円に上る。道路整備に151億300万円、道路環境整備に28億9,600万円、水産基盤整備に15億2,200万円、港湾整備に13億900万円、治水に9億9,200万円、農業農村整備に9億600万円など計227億2,800万円となっている。
 同道路整備・道路環境整備費は、ガソリンの暫定税が1ヶ月間失効していたため、これまで暫定予算として計上されていなかった。租税特別措置法改正案が4月30日、衆院で再可決されたことに伴い、同開発部にも、巨額の道路予算が復活した。
 平成20年度北海道開発事業費(道路関係事業・小樽開発建設部実施分)の概要
 小樽開発建設部HP